アラビア語の動物の鳴き声

以前にクライアント様の依頼でアラビア語の動物の鳴き声をどのように表記するかを調べたことがあります。日常行っている翻訳業務とは少し異なる依頼ですが。
日本語では犬は「ワンワン」、猫は「ニャー」、にわとりは「コケコッコー」という表現が一般的でしょうか。
英語でも「woof」とか「meow」とか「cock-a-doodle-do」などをよく見かけます。

調べてみるとアラビア語では正確には一般的に使われる「動物の鳴き声」の表記方法がないらしいのです。何人もの証言を得ているわけではありませんが、おそらくそうなのでしょう。
その代わりと言えるかどうかわかりませんが、アラビア語には「犬が吠える」、「猫が鳴く」、「鶏が鳴く(ご丁寧に雄鶏と雌鶏もそれぞれ違う)」といった動詞が細かくあって、それらから派生して「犬の鳴き声」、「猫の鳴き声」、「鶏の鳴き声」など本当にかなりの動物が網羅されているのではないでしょうか。もちろん鳥もその種類によって違いがあるようです。
アラビア語-日本語の辞書にもこのようなコラム記事が掲載されていました。

アラビア語のページですがその一部を紹介したサイトもあるようです。

ペルシャ語入力の注意点

ペルシャ語の文書やウェブサイトを見ると不思議な文字の繋がりに気付きます。


“Wikipediaさんから元画像を拝借”

上記の画像で赤丸の囲み部分、普通に文字を入力するとスペースがない所は文字がつながるはずが、前後の文字が分離して表示されています。
例えば、上の文から引用すると ویکی‌پدیا は文字がすべてつながって ویکیپدیا となってしまうはずなのです。もし文字がつながらないようにするには普通にスペースを入れて ویکی پدیا になるのですが、ここはそれほどスペースが空いていません。
ではなぜそこはスペースではNGなのかといえば、一番問題になりそうなのはこのスペースの前後で改行がされてしまったりする場合があるからでしょう。文字としては開いて見えても、ひと塊で扱い途中で改行されたりしてしまうわけにはいかない語句だからです。
ペルシャ語にこのような扱いをすべき語がいくつかあるようです。

そして、このようにスペースを開けずに文字を繋げないためには該当箇所に「制御文字ZWNJ」というコードを入れていく必要があります。ZWNJはZero width non-joinerの略のようです。以下は入力方法の一例、Windowsのメモ帳の画面上該当箇所で右クリック「ZWNJコード」を挿入。

Windowsメモ帳画面上から右クリック

Wordなどのアプリケーションでも該当箇所にこのZWNJコードを入れる方法はあり、近年は冒頭で紹介したような、スペースを入れずに文字を切り離す形の文書・ウェブサイトは多く見られるようになりました。しかし現在でも1スペースが入っている文書(あるいはスペースの前後で改行されてしまっている文書)、そしてこれは決して絶対NGではないようですが、スペースを入れずにそのまま文字を繋げる記述法をしたものも多く見受けられます。

アラビア語の辞書サイト

中東Linkではアラビア語への翻訳の場合ネイティブ翻訳者が翻訳を行っていますが、例え長年の経験のある翻訳でも辞書を参照することがあります。
もっとも経験のある訳者が主に使用する辞書は「英語=>アラビア語」というケースはほとんどなくいわゆる「アラビア語=>アラビア語」の辞書で、「過去に誰かが使った訳文に語彙的な不整合がないか」、「現在使っている訳語の使用方法に本当に誤りがないか」といったところを主に確認するイメージです。
こちらのアラーアラ辞書サイトなどはよく参照されているようです。


またIT関連の翻訳に当たっては、実際に現地のパソコン上でどういった用語になっているか、そしてその表現の用語に翻訳を準拠されることが重要になります。例えばWindowsPCの画面表示などであればこのマイクロソフトポータルのサイトがよく参照されています。

経験豊富なアラビア語ネイティブ翻訳者でも、辞書というのは必須アイテムのようです。

翻訳のコーディネーション業務について

当社のアラビア語への翻訳業務は基本的に全てネイティブが行いますが、翻訳後のチェック工程で「訳文の内容がクライアントからの要求を満たすものであるか」、「間違いなく指定の用語が使われているか」、「数値や原文の英語のまま残すべき箇所が正しく反映されているか」などコーディネーターとして納品前の最終確認を行うことが常です。
本来であれば校正担当のネイティブがそのあたりまでケアできればよいのですが、どうしてもネイティブの目線は翻訳されたアラビア語の方を中心に注がれてしまうことが多く、クライアントの要望である翻訳ルールや用語縛りなどに注意が行きにくくなってしまうようです。

 

中東Linkではこのようにネイティブと日本人が双方の視点から、より高精度に読み手のエンドユーザーと翻訳依頼元の希望に沿った翻訳に仕上がるような体制作りをしております。

クルド語の話

昨今のイラクのクルディスタン地域(クルド人の居住地域)の自治化に伴い、お客様から「クルド語」への翻訳対応に関するご質問をいただくことが出てまいりました。

クルディスタンはおおよそトルコ・シリア・イラク・イランの4か国にまたがっている地域で、そこで話されている言語がクルド語ということになります。アラビア語の文字や欧文アルファベットを使って文字表記もされており、新聞等の印刷物も発行されているようです。

しかしクルド語と一口に言っても大きく分けて2種類の方言があり、文法なども含め両者の言語体系は大きく違っているということです。
Wikipediaさんの情報では「クルマンジー(北部クルド語、クルド語:Kurmancî ISO 639-3:krm)とソラニー(クルド語:Soranî,سۆرانی ISO 639-3:ckb)があり、前者は、イラククルディスタン北部、カフカース地域、トルコ東部、シリアで話され、イラクでは、「バフディニー」と呼ばれることもある。」ということです。
つまりお客様からクルド語への翻訳を打診された際には「クルマンジー」か「ソラニー」のいずれの方言でまた、「アラビア文字」か「欧文アルファベット表記」かを確認する必要があります。これらの確認漏れをしてしまうと、せっかく翻訳を納品しても実際に役に立たないものになってしまいます。

こちらのサイトにも英文ですが、クルド語についての情報が記載されています。

アラビア語数字の入力

翻訳やタイピングの際、アラビア語やペルシャ語特有の数字で入力しなければいけないことがあります。

東京外国語大学のアラビア語科のサイトで詳しく解説されています。

上記の方法でわかりにくい場合は、Windows Systemの時はこちらをお試し下さい。

コントロールパネルの「時計、言語、および地域」カテゴリーから以下の手順で進めてみてください。

もし初期設定でアラビア語の数字にしてしまうのであれば、以下のように指定してしまっても良いかもしれません。

このように数字の形状が混在した入力が可能です。

しかし上記で解説されている、Windows Systemやワードの「オプションの設定」をいじって数字を変える方法は、あくまでも同じ設定がされているPCでのみ有効なので、他のPCにデータを送った時は表示が普通の数字になってしまいます。ご注意下さい。
大変手間がかかりますが上記(東京外国語大学のアラビア語科のサイト)で紹介されている2番目の方法(「IMEパッドを利用する」、または「「記号と特殊文字」から入力する」)で入力するのが良いと思います。

参考までに当社中東Linkのスタッフは中東言語に特化した編集ソフトを使用することがほとんどですが、上記のように「文字コード表」から数字をコピーして使用する場合もあります。
翻訳業務において各言語特有の数字の問題は避けて通れません。中東Linkでは翻訳者も入力作業者も、お客様の希望に従いいずれの数字表記でも作業を行います。

往年のDTP編集アプリ-PageMaker

DTP(Desk Top Publishing、パソコンを使った編集作業)は中東Linkの主業務の一つです。
近年はAdobe社のInDesignを使用するケースがほとんど(昨今は少しづつ近年アラビア語対応が始まったFrameMakerも増え始めています)ですが、稀にMacintosh、しかもOS9時代の古いソフトPageMakerで作られたデータの編集(というより部分修正)の依頼があります。

中東LinkのMac環境はまだ残っておりますが、そろそろ限界が近いかもしれません。データの作り直しなど早めのデータ環境以降を推奨します。

PM6.5

アラビア語翻訳・DTP編集の「中東Link」の紹介と社員の日々の気付き