社長の帰国

社長の山根はヨルダンより無事帰国しました。
思わぬ大雪で、帰国が遅れてしまいましたが、故国の空気を吸って鋭気を養い益々業務に励んでまいります。

本日安倍首相が中東訪問に向かいましたが、ヨルダンもパレスチナもおおむね情勢は落ち着いています。実りある外交活動をよろしくお願いします。

アラビア語翻訳のよくある質問-9-「Tradosの言語設定」

翻訳支援ツールTradosで翻訳を行う際、翻訳言語の設定を行いますが、アラビア語の場合Arabic (Algeria)からArabic (Yemen)まで16種類もの言語選択ができます。
TradosSetting

これではお客様の中には、アラビア語がまるでこれら16種類それぞれ違うところがあるように感じてしまう方もおられます。
英語の場合、なんとなくアメリカ英語とイギリス英語では微妙に単語の使い分けなどがありそうなので分かれていても良いのかと思いますが、アラビア語は16もの種類に分ける必要性は殆ど皆無ではと考えます。

アラビア語翻訳の場合、正則標準語(フスハー)を使いますので、アラビア半島からモロッコまで、同じ書き言葉で問題がないのです。

 

ヨルダンの大雪?

ヨルダン帰郷中の社長、山根からの画像の提供です。
現在ヨルダンは大雪で役所も平常通りに動いていないとのこと。
しかしこれは日本人的には大雪ではありませんね。
飛行場も半麻痺状態だそうですので、帰国が遅れそうです。

amman_Snow

amman_Snow2

しかし、インターネットに影響はありませんので、現地の翻訳者さんは問題なく翻訳を進めてもらえています。

新年明けましておめでとうございます

A Happy New Year のアラビア語翻訳は「クッル・アーミン・ワ・アントゥム・ビカイリ」
未年は「サナトゥ・アルカルーフ」、アラビア語で書くとسنة الخروفذ

中東Linkの本年の年賀状はこんな感じです。
NewYearCard

今年も翻訳・DTP・アテンドなど、中東と日本を結ぶ業務に邁進して参ります。本年も何卒宜しくお願い申し上げます。