アラビア語の辞書サイト

中東Linkではアラビア語への翻訳の場合ネイティブ翻訳者が翻訳を行っていますが、例え長年の経験のある翻訳でも辞書を参照することがあります。
もっとも経験のある訳者が主に使用する辞書は「英語=>アラビア語」というケースはほとんどなくいわゆる「アラビア語=>アラビア語」の辞書で、「過去に誰かが使った訳文に語彙的な不整合がないか」、「現在使っている訳語の使用方法に本当に誤りがないか」といったところを主に確認するイメージです。
こちらのアラーアラ辞書サイトなどはよく参照されているようです。


またIT関連の翻訳に当たっては、実際に現地のパソコン上でどういった用語になっているか、そしてその表現の用語に翻訳を準拠されることが重要になります。例えばWindowsPCの画面表示などであればこのマイクロソフトポータルのサイトがよく参照されています。

経験豊富なアラビア語ネイティブ翻訳者でも、辞書というのは必須アイテムのようです。

翻訳のコーディネーション業務について

当社のアラビア語への翻訳業務は基本的に全てネイティブが行いますが、翻訳後のチェック工程で「訳文の内容がクライアントからの要求を満たすものであるか」、「間違いなく指定の用語が使われているか」、「数値や原文の英語のまま残すべき箇所が正しく反映されているか」などコーディネーターとして納品前の最終確認を行うことが常です。
本来であれば校正担当のネイティブがそのあたりまでケアできればよいのですが、どうしてもネイティブの目線は翻訳されたアラビア語の方を中心に注がれてしまうことが多く、クライアントの要望である翻訳ルールや用語縛りなどに注意が行きにくくなってしまうようです。

 

中東Linkではこのようにネイティブと日本人が双方の視点から、より高精度に読み手のエンドユーザーと翻訳依頼元の希望に沿った翻訳に仕上がるような体制作りをしております。