アラビア語の暦

中東向けカレンダーの製作依頼を受けることがあります。アラブでは通常2種類の暦が使われているので、少しややこしいですが西暦とイスラム暦の両方が記載されたカレンダーになっています。
下のサンプルでは青色の数字が西暦・赤色の数字がイスラム暦、右から 土=>日=>月=>火=>水=>木=>金。
以前は木・金がお休みの国が多くありましたが、国際取引に支障が出るためか昨今は金・土休みの国がほとんどです。

calendar201506

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です