漫画のアラビア語翻訳

日本の漫画(コミックス)は中東でもなかなかの人気だそうです。
日本の漫画をアラビア語やペルシャ語にする場合にとても助かることがあるようです。そればコマ割り。右から左に記載するこれらの言語は、文字は横書きになるものの、右開き(右側が綴じられている)の本になるため日本語のコマ割りがそのまま使え、基本的に吹き出しの中の言葉だけを変える形で中東向けのレイアウトになってしまいます。
また、翻訳ばかりでなく現地でも、日本のマンガに多分に影響を受けたネイティブの漫画家さんもどんどん登場しつつあるようです。

なお、漫画などの大衆娯楽系の文章の翻訳も基本的には正則標準アラビア語(フスハー)で記述されますが、工業製品の取説などの翻訳とはその趣が大きく異なりますので、案件に適した翻訳者が担当する必要があります。
マギ  1609061

Gold_Ring_Banner

一方コミックスではなくアニメについてはWikipediaさんにも「アラビア語化された日本のアニメ作品一覧」というタイトルで多くの作品が紹介されています。世界に日本をアピールできるのは工業製品ばかりでないというのがよくわかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です