アラビア語の語順について(1)

先日受注した翻訳業務の校正作業の際、妙に気にかかるフレーズがあり少し調べてみました。原文の英語には「…left and right…」と記述されているにもかかわらず、アラビア語の翻訳者は「右と左」の様に語順が入れ替えて翻訳されていました。
考えてみれば日本語でも「左右」、「前後」、「上下」などのようにそれを「右左」、「後前」、「下上」と記載してしまうと違和感のある文章になることに気付きました。
早速ネット検索をすると英語の例でいくつかの記事がすぐに見つかりました。
英語教室・英語学習のウザワシステム教育研究所さんのサイトや
English Cafe Plus For All English Learnersさんのサイトでそれぞれ
「英語の語順に注意!左右?それとも右左?」、「春夏秋冬や東西南北など日本語とは語順が違う英語」というタイトルで記事が紹介されています。
これらの内容はアラビア語でも必ず慣用表現があるはずと思い、早速ネイティブの翻訳者に確認をしてみました。
確認結果をシリーズで何度かに分けて紹介いたします。(記述方法には例外もあると思いますので他の語順で記載されていると誤りというわけではないと思いますので、あらかじめご了承ください。)

まず本日は「春夏秋冬」と「東西南北」から。

春夏秋冬:英語では「winter, spring, summer, fall」の順番ということですが、アラビア語では
الصيف والشتاء والربيع والخريف
右から読むので「夏(サイフ)・冬(シターウ)・春(ラビーウ)・秋(カリーフ)」です。訪れる季節の順番ではないようです。
 
 

東西南北:英語では「north, south, east and west」の順番ということですが、アラビア語では
الشرق والغرب والشمال والجنوب
右から読むので「東(シャルク)・西(ガルブ)・北(シャマール)・南(ジュヌーブ)」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です