翻訳のコーディネーション業務について

当社のアラビア語への翻訳業務は基本的に全てネイティブが行いますが、翻訳後のチェック工程で「訳文の内容がクライアントからの要求を満たすものであるか」、「間違いなく指定の用語が使われているか」、「数値や原文の英語のまま残すべき箇所が正しく反映されているか」などコーディネーターとして納品前の最終確認を行うことが常です。
本来であれば校正担当のネイティブがそのあたりまでケアできればよいのですが、どうしてもネイティブの目線は翻訳されたアラビア語の方を中心に注がれてしまうことが多く、クライアントの要望である翻訳ルールや用語縛りなどに注意が行きにくくなってしまうようです。

 

中東Linkではこのようにネイティブと日本人が双方の視点から、より高精度に読み手のエンドユーザーと翻訳依頼元の希望に沿った翻訳に仕上がるような体制作りをしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です