アラブの住所表示

昨今お客様からの依頼で、中東の取引先の事業所の場所をグーグルマップ上で指示して欲しい。
ゆくゆくは各国(中東のみ)の取引リストにその地図情報も加えたいといった意向を持っているとのこと。
はじめに頭に浮かんだのは、しっかりとした調査はしていませんが中東(ここではアラビア語圏)でちゃんとした住所が合って郵便などの配達システムがしっかり整っている国はあるのかという疑問です。
早速ネット検索してみますと、かなり古い記事とはいうものの「やっぱりな。」と思えるブログの投稿が見つかりました。

記事の日付を見ると2006年(13年も昔ではないか)ですが、おそらく状況は今も変わっていないでしょう。
記事の中では「今日の新聞では、ドバイ政府は向こう3年間に正式住所システムを完備し、郵便宅配システムも可能にする、と伝えていました。」という記述が見られましたが、これはまだ整備されていないでしょう。

この地域でちゃんとした住所表記が整備されることが将来的にあるかないかはわかりませんが、しばらくは「何とかストリート」、あるいは「私書箱=住所」のような表示方法なのではないでしょうか。「何とかモスクの東隣2軒目」とかメジャーな場所の近所なら容易に地図上でも探し出せそうですが、そうでなければ初めての人は教えられた住所ではなかなかたどり着けそうもないですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です